高齢者だけでない入れ歯やインプラントの選択肢

>

インプラント専門医とは?

差し歯とインプラントはどう違う?

ここでは、見た目の部分では同じように見える、差し歯とインプラントの違いについて見ていきます。
まず、差し歯とインプラントの最大の違いは、歯の根(歯根)が残っているかどうかで治療の選択が分かれます。
差し歯は、最低でも歯根が残っていないと治療ができませんが、インプラントは歯や歯根が全くない状態でも治療が可能です。
そして、見た目の部分では、一見どちらも自分の歯と変わらないように見えますが、使用している素材は全く異なり、差し歯は長年使用していると黄ばみなども出てきますが、インプラントは変化することがありません。
差し歯も保険適応外の良いものにすれば、インプラント同様の他とは変わらない見た目の歯にすることもできますが、その分、費用は高額になります。
差し歯は、手術ではなく一般治療内でできることや、型取りをすれば1ヶ月程度で完了する点は大きなメリットと言えます。

入れ歯やインプラント以外のブリッジとは

ブリッジによる治療とは、歯が無くなった箇所の両サイドの歯を少し削って支柱とし、そこに一体型の義歯(ブリッジ)を被せる方法です。
このブリッジ治療は、インプラントと違い手術の必要が無いため、手軽にできるのが特徴です。
また、入れ歯のようにグラグラしてしまうこともないため、1,2本の場合には選択する方も多いようです。
しかし、支柱とする両サイドの健康な歯を削ることから、元々健康だった歯の寿命を短くしてしまうことと、ブリッジと歯肉の間に、食べ物のカスが入り込みやすいことから、虫歯や歯周病の可能性も高くなってしまうことが難点と言えます。
自分の歯と比べて、味覚や食感を同じように感じられる一方で、抜けた歯の部分の顎骨が、徐々にやせてしまう可能性や削った両サイドの骨に負担が大きいことから10年未満でダメになってしまうことが多いのも要注意です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る