高齢者だけでない入れ歯やインプラントの選択肢

>

インプラント選択をする前に

インプラント治療の流れ

インプラント治療は、唯一、手術を伴う治療法です。
その人の歯や骨の状態によって方法が変わってくるため、事前に細かい診察から始め、CTやレントゲンを撮ります。歯や神経などの状態もチェックします。
その後、担当歯科医が、衛生管理などの術後のことも含めて手術の計画を立てます。
手術を行うに当たり、少なからずリスクを伴うことも忘れず、自分自身でも治療の理解を深めると共に、不明な点は全て聞いておきましょう。
インプラント手術は、通常2回に分けて行われます。
1回目は、インプラント(人口歯根)を埋め付け、インプラントと歯槽骨が定着するまで時間を置き、固定できたら2回目の手術で、インプラントに仮歯を装着します。
その後は、歯肉の傷が治ったら、人工の歯を取り付け、噛み合わせを確認して治療が完了となります。
また、インプラントは、術後の定期的なメンテナンスが必要です。

何が自分にとって最適か見極めよう

歯が欠損してしまった場合、そこを補うための義歯治療は、どれがいいのか選択に迷います。
保険適応内でできるか、治療後の欠点は何かなどによっても様々です。
もちろん、健康な歯の本数や位置、歯並びなども人それぞれ異なるため、最適な方法も個々に違います。
また、歯根が残っているか否かでも選択の幅が変わってきますが、治療にかけられる期間やコストも関係してくるため、どのくらい時間や費用が掛けられるかなど、経済的な面や生活スタイルでもその時々によって選択肢が変わるかもしれません。
大事なことは、どの治療にするにせよ、治療にかかる時間、コスト、治療中、治療後に起こりうること、メリット、デメリット等をしっかりと把握し、その時の自分の生活水準に見合ったものを選択できるとよいでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る